昨年に続き、第2回KFS創作絵本グランプリ受賞作が、
いよいよ絵本となって講談社から出版されます。
繊細な少女の心の成長が、星の世界を舞台に
ファンタジックに繰り広げられる物語。
大人も一緒に夢見る絵本です。ぜひご覧ください。



発行/講談社 定価/1.470円(税込)

 

千葉 幹夫
(児童文学評論家・作家)

<主人公の心の動きを物語に>
千葉さんの原稿をもとに、物語を再構成することから始めました。物語が進行するにつれ主人公の気持ちや行動の意味がはっきりしてきました。主人公の不満から癒しのファンタジー世界へ。出会ったスケールの大きな出来事を経験しながら、家族の一員である弟を受け入れようとする自分の発見。最後に障害の克服と安堵感。正統的ファンタジー絵本に仕上がりました。落ち着いた雰囲気の絵と物語がこどもたちに歓迎されることを祈っています。


酒泉 亮
(KFSエグゼクティヴ・スーパーバイザー)

<見ごたえのある絵本が完成>
千葉史子さんの絵はタブロー(一枚の絵画)としての魅力や完成度の高い絵です。つまり時間をかけてじっくり見ても見ごたえがあります。今回一番難しく感じたのは、ストーリーを語る絵として重過ぎないようにすることでした。ドラマチックで感動的なストーリーづくりには絵にも緩急が必要です。今回も半年間という絵本づくりには少ない時間の中で、史子さんの熱意と努力で完成することができました。 ぜひ、この経験を生かして絵本づくりを続けていってください。


千葉 史子
(KFS在籍生)

<素敵なこの経験を>
このような形で絵本を出版することは、どう考えても最初で最後。物語の内容から絵の構図に至るまで、両先生とKFSの編集者がしっかりサポートしてくださり心強い限りでした。思うように描き進めなかったり、とまどったりしたことを含め、この半年は私にとって本当に素敵でエキサイティングな思い出深い時間となりました。このような経験を持てたことが、すなわち、グランプリ受賞の大きな意義の一つだったのだと改めて思います。ありがとうございました。

第2回KFS創作絵本グランプリについてはコチラをどうぞ
絵本「パレッタとふしぎなもくば」についてのお問い合わせはコチラからどうぞ
講談社BOOK倶楽部へはコチラからどうぞ
 
 
 
本ウェブサイト及び本ウェブサイト上の作品は、当社又は作品制作者の著作物として日本国著作権法及び関連条約による著作権の保護を受けています。著作権法が認める場合を除き、これらの著作物を著作権者の許諾なく利用することはできません。
本ウェブサイト上の個人の氏名及びその他の個人に関する情報は、本人の許諾の下に掲載しているものです。よって、正当な理由がある場合を除き、これらの情報を利用することはできません。