審査総評
酒泉 亮 KFSエグゼクティヴ・スーパーバイザー
今年も昨年と同じように多くの作品が集まりました。全体的なレベルが回を重ねるごとに上がっている中、今年は特にストーリーの上達が感じられました。創作絵本グランプリの大きな特徴のひとつに絵のクオリティの高さがあげられます。デッサン力だけでなく、確かな表現力や個性的な作品が多いのです。ただ、一枚一枚の絵のクオリティがどれだけ高くても、絵本の本質であるストーリーが語れない絵では絵本になりません。一枚一枚のクオリティより、連続した絵できちんとストーリーが語られることが、絵本の絵として大切なことです。また、さらに重要なのはストーリーそのものです。子どもの心をグッとつかんで話さないストーリーは、必ず子どもの視点で描かれています。子どもの目で子どもがすっと感情移入できるストーリーづくりをめざしてください。

 酒泉 亮 KFSエグゼクティヴ・スーパーバイザー



受賞者一覧
●グランプリ
月の下でブッペリア 小林 美紀 東京都
●優秀賞
ゴム紐ノビさんと毛糸のモフさん

仁木 三紀

北海道

●松本 猛賞
くま太郎と雪の妖精だるるん 滝 紀子 大阪府
●武田美穂賞
ひぐまるくんのカレンダー 飯野 鈴代 千葉県
●千葉幹夫賞
みつことくーの店 西川 朱美 神奈川県
●酒泉 亮賞
こわくないもん! 石川 由起枝 北海道
●講談社児童局賞
しっぽっぽなまつり 村吉 佳美 東京都
●講談社幼児雑誌賞
ほしとうさぎとまもるくん 永利 紀美子 兵庫県
●文房堂賞
クリスプ島のふしぎなくすり 佐藤 和佳子 北海道
●レモン画翠賞
ミックンのききいっぱつ! 栗田 己奈 東京都
●ホルベイン画材賞
山猫チロ 松本 みさこ 岐阜県

第5回 KFS創作絵本グランプリ 応募総数 446点
上記入賞 11点/奨励賞 30点/上位入選 24点/入選 85点/準入選 153点

▲このページのトップへ