レモン画翠賞
レモン画翠賞作品

あらすじ
サバンナに住むミーアキャットのミックンは日光浴をしながら、いろいろと空想するのが大好き。ある日、空を見て空想にふけっていると、目の前に大きなワシが飛んできました。ワシは「お前を食べる前に1つだけやり残したことをやらせてやる」と言い、ミックンは雲に乗りたいと言いました。ミックンを背中に乗せてワシが飛び立ちました。ミックンが雲に飛び乗ると、雲を通り抜けそのまま落ちてしまいました。ミックンを助けようとするワシ。ワシは地面にぶつかり気絶してしまいましたが、ミックンは無傷。ミックンはワシを家に連れ帰り傷が治るまで看病してあげました。

レモン画翠賞受賞者
審査結果の通知を見て泣きました。大好きなミーアキャットのお話で受賞できたことと、ずっとスランプに陥っ
ていたので少し自信を取り戻せたことでのうれし涙です。これからも前向きに、諦めないで描き続けます!

選評
酒泉 亮
KFSエグゼクティヴ・スーパーバイザー

単純でおもしろいストーリーを生かして
おもしろいストーリーを臨場感ゆたかに読み手に伝えるには、その展開だけでなくひとつひとつの場面の視点や構図が重要になってきます。これらを効果的に使うことによって、よりドラマチックな演出が可能になり、読み手をハラハラドキドキさせてストーリーの中に引き込むことができるようになります。単純でおもしろいストーリーがより生きてきます。
▲このページのトップへ