ホルベイン画材賞
ホルベイン画材賞作品

あらすじ
暑い夏の日、山ネコの母親が子ネコのチロを助けようとしてワナにかかってしまいました。
チロは、日照りでぐったりした母ネコのために海の水をとりにいきました。母ネコのために毎日、エサと水を運ぶチロ。ある日見つけた種を母ネコのそばに植えると、種は小さな芽を出しぐんぐんと大きくなりつぼみをつけました。母のワナもチロが毎日海水をかけたおかげでサビてボロボロになり、ついにはずれました。そのときチロの植えた種が大きな花を咲かせたのでした。

ホルベイン画材賞受賞者
このたびは選考していただき本当にありがとうございました。
絵本づくりは、とても奥が深く、文章力、画面の構成力、展開力、さらにオリジナル性と悪戦苦闘しながら
今後さらなる向上をめざし、作品づくりに励みたいと思います。

選評
酒泉 亮
KFSエグゼクティヴ・スーパーバイザー

一枚の絵として見ごたえ
色彩が豊かでたいへんきれいな絵柄です。一枚の絵としても見ごたえがあります。
ただ、読み手にストーリーを伝える絵としては、少し情報が多すぎて混乱させてしまいます。もっと必要な情報にしぼり、空間を生かした構図でストーリーを強調しましょう。
テーマが親子の愛情なので、子ネコだけでなく、母ネコの登場する場面も見せてほしい!
▲このページのトップへ